MENU

ペルソナは効果なし?原因は間違った頭皮マッサージにあるかも!?

薄毛を解消しようと育毛剤を使う人間なら絶対にしている頭皮マッサージ。だが、「何となくやったほうがいいから」というくらいの知識で実践している人も多いのではないだろうか?

 

なぜマッサージの必要があるのかということを知らずに「揉んでおけばいいんだろ?」程度に考え自己流のマッサージを続けると、せっかくの育毛剤の効果を台無しにしてしまう恐れがある。

 

効果あるマッサージでペルソナの力を100%発揮させるために、しっかりと意味のあるマッサージを知っておいて欲しい。

 

そもそも何のための頭皮マッサージ?

まずは頭皮マッサージを行う理由を理解するところから。マッサージをする理由は大きく分けて次の3つ。

 

  1. 硬くなっている頭皮を柔軟化させるため
  2. 頭皮を刺激して血流を良くするため
  3. 頭皮の皮脂汚れを押し出すため

 

育毛剤なんかを浸透させるためにするマッサージは1や2の項目のものだ。お風呂でマッサージをする時などは3の項目のために行うものとなる。

 

実は、この二つのマッサージは同じようにしてもあまり意味がないということ、ご存じだろうか?

 

目的によって頭皮マッサージは変えるべし!

まず頭皮の柔軟化や血流を促進させることを目的とするマッサージの場合。これはとても勘違いされているが、頭皮だけを入念に揉んだってそこまで効果はない。

 

血液というのは心臓から流れるものだから、頭に届く前に首の頸動脈を通る。だがこの頸動脈が曲者で、ここもしっかりマッサージしてやらないとここで血流が止められてしまい、結果頭皮まで十分な量が届かないことになる。

 

これではいくら頭皮を揉んだって意味がないというわけだ。

 

頸動脈のマッサージ

耳の後ろから顎の下へ向かって軽く揉みながらなぞるという動作をくりかえせばいい。これはお風呂にはいっている時だけでなく、普段から少しの時間を使って行うようにすれば効果がより高い。肩こりの予防にもなって一石二鳥だ。

 

頭皮の柔軟化と血流促進のためのマッサージ

これはお風呂で温まった状態でやるのが好ましい。特に難しいことは考えず指の腹をこめかみにあて、そこから揉みながら頭頂部へ進む。この時頭皮を動かすイメージで揉むといい。そして前頭部から後頭部へも同じ要領で行う。

 

頭皮の汚れを押し出すためのマッサージ

これは主にシャンプー時に行う。よくシャンプーしている時に強い力で押し出すべきだ!といった勘違いをしている人が多いが、実はシャンプー時よりその前のシャワー時にする方が効果が高い。

 

シャンプー前のシャワーの時に軽いマッサージで八割方の汚れは流せる。ただ、そこが重要と知らない人は圧倒的にシャワー時間が短いんだ。意識していつもより長くシャワーとマッサージするだけで皮脂汚れは落とせる。

 

ただマッサージすればいいわけではない

上記のマッサージを心がければペルソナのポテンシャルを発揮できるはずだ。だが注意点もある。

 

  • 時間は長くても10分程度にとどめる
  • 絶対に爪を立てない
  • 力はほとんど入れない
  • ブラシなどの器具を使わない
  • 深呼吸しつつ行う

 

以上のことを注意しつつ行うとより効果が期待できる。簡単なことなのでしっかり理解して、ペルソナの効果をアップさせてほしい。

 

せっかくセミオーダーで自分に合う育毛ケアが出来ているのだから、効果がないとすぐに諦めないでマッサージのやり方も含め、他にマイナス原因はないだろうかと自分なりに仮説を立てて改善してみるのも大事なことだと思う。

このページの先頭へ